痛くない、怖くない治療を受けられる歯医者

痛くない、怖くない治療を受けられる歯医者

歯医者が敬遠される原因は治療の際の「痛み」と歯医者と聞くだけでイメージする「恐怖心」ではないでしょうか。
しかし近年は、痛みや恐怖心を与えない治療法がさまざま開発され、それらを行う歯医者は多くなってきました。
このサイトでは現在行われている痛みを感じさせない「無痛治療法」や、
恐怖心を和らげる「精神鎮静法」の代表的なものを紹介しましょう。

 

無痛治療法で行われているのは、「表面麻酔・無針注射器・温めた麻酔」の使用です。
「表面麻酔」は歯茎の表面に塗りつける麻酔で、
この後に行う麻酔注射の針を刺す時の歯茎の痛みを和らげるために塗り薬で麻酔をしておく方法です。
「無針注射器」は針のない注射器を使用して患部に麻酔の針を刺す痛みを軽減する方法の一つです。
注射器本体に内蔵されたスプリングの反発力で、麻酔薬を歯茎の内部にまで瞬時に飛ばします。
「温めた麻酔」は人肌に温めた麻酔液を注入することで痛みを軽減する方法です。
体温より低温の麻酔液が注入されると刺激を痛みに感じることがあることから温めた麻酔液を使用します。

 

精神鎮静法として行われているのは「笑気ガス」の使用と「点滴麻酔」の使用です。
「笑気ガス」は笑気鎮静法と言い、
亜酸化窒素と酸素で構成された笑気麻酔ガスを使用して歯科治療への恐怖を和らげる方法です。
鼻マスクでガスを吸うと身も心もリラックスした状態になり、
マスクを外せばすぐに元の状態に戻ります。
「点滴麻酔」は静脈内鎮静法と言い、麻酔薬を腕の静脈から点滴のように投与し、
意識はあるけれどほとんど眠っているような状態にする方法です。
そのことで痛みや不快な振動・音などが気にならないで、治療を受けられます。

 

痛くない治療で評判のさとり歯科医院はこちらhttp://satori-dental.com/

関連ページ

神経を抜かない、虫歯を削らない歯医者
神経を抜かない、虫歯を削らない歯医者
ボトックス治療を行う歯科医院は少ない
ボトックス治療を行う歯科医院は少ない
セカンドオピニオンのメリットとデメリット
セカンドオピニオンのメリットとデメリット
虫歯の神経を抜くのはヤブ歯医者なのか
虫歯の神経を抜くのはヤブ歯医者なのか
歯医者のドクターショッピングは可能?
歯医者のドクターショッピングは可能?