極力抜歯をしない歯科医を選ぼう

極力抜歯をしない歯科医を選ぼう

歯科医を大きく2つに分類すると、抜歯をする歯科医と極力抜歯をせずに歯を残す努力をする歯科医に分ける事が出来ます。 

 

単に悪いところを抜歯するだけなら、歯科医であれば誰でも行う事が可能です。
しかし抜歯をしてしまえば、乳歯ではない限り、再び歯が生えてくる事はありません。
つまり歯を失ってしまうという事です。

 

医療の進歩により、歯を失っても人口歯としてインプラントを埋め込む事は可能です。
もちろん、インプラント治療が画期的な治療法である事は否定しません。
しかしながら、あくまでも1つの治療法にすぎずに、悪い歯はすぐに抜いてインプラントにする事が最善の治療法とは限りません。

 

例えば虫歯になっても、歯を矯正で引っ張り出す事で、抜歯せずにすむ治療法があります。
歯周病になっても、骨を再生させる事で、抜歯せずに歯周病を治療する事も可能です。

 

つまり抜歯をして悪い歯を抜く事で、簡単に問題を解決するのではなく、治療が難しくなったとしても極力自分の歯を残す努力をする方が重要です。

 

抜歯をするのは、最終手段であり、抜歯をせずにすむ局面であれば、当然抜歯はしない方がいいと言えます。

 

なのでもし、治療計画の中で担当医が抜歯をしてインプラント治療を勧めてきた場合、すぐにその治療計画を受け入れるのは待って下さい。セカンドオピニオンとして、別の歯科医の治療計画も聞いてみましょう。
もしかすると抜歯をせずに自分の歯を残した状態で、治療出来る方法があるかもしれません。

 

そしてその場合は、後者の歯科医の治療を受ける事をオススメします。

関連ページ

評価を知る!歯医者を選ぶときのコツ
評価を知る!歯医者を選ぶときのコツ
歯科衛生士の有無で歯科医院を選ぶ
歯科衛生士の有無で歯科医院を選ぶ
遠隔診療で相談をして歯科医院を選ぼう
遠隔診療で相談をして歯科医院を選ぼう
これがいい歯医者選びのポイント
これがいい歯医者選びのポイント
腕の良い歯科医師がいる歯医者を探すためには
腕の良い歯科医師がいる歯医者を探すためには
口コミを参考にして歯医者を選ぶ方法は良くない
口コミを参考にして歯医者を選ぶ方法は良くない